無料ブログはココログ

« 赤いクルミ?! | トップページ | 釣られる鯛?骨になる »

2012年2月 9日 (木)

江戸のスーパーグラフィックデザイナー

『没後150年 歌川国芳展』

終了まで1週間を切り、平日だからと甘く見てました
第一章から行列していて、構成順に鑑賞するなんでできません

しかし、しかし、ボリューム満点
はい、約3時間お腹いっぱいいただきました。
後期の展示で、観られない作品もあったんですが、
私のお目当ては新発見された
『きん魚づくし ぼんぼん』

もう、金魚ちゃんとカエルさんがいて、
カエルさんがおたまじゃくしちゃんを抱えてる作品。
「金魚づくし」シリーズは、これまで8図が確認されていたんだけど、
『きん魚づくし ぼんぼん』は、9図目として新たに発見された作品。

もう、面白すぎて、楽しい

この、歌川国芳っていう人はなんだんだ?!と思います。
今の時代でも通用するグラフィックデザイン

カッコよすぎるし、幾つかの作品は、一部切り取って
テキスタイルに使えそうだと思ったんですよね~。

あー、機会があれば、ディレクションしたいな~

歌川国芳展.JPG

« 赤いクルミ?! | トップページ | 釣られる鯛?骨になる »

文化・芸術」カテゴリの記事