無料ブログはココログ

« 野菜高騰中のランチ | トップページ | 1年遅れで開催決定! »

2012年2月 5日 (日)

考古学ならぬ『考現学』

先週、2年ぶりにパースの先生と助手の愛ちゃんにお会いする機会があり
そこで「絶対好きだと思うよ。すごく似てるから・・行ってみて」と
おすすめされたのは、汐留ミュージアムで開催中の
『今和次郎 採集講義 展』

今和次郎展.JPG

さすが!先生と愛ちゃんは、私のことをよく理解してくださってます。
私のツボ、ど真ん中

ここのスペースはあまり広くないので、
いつもは1時間くらいで観られるんですが、
2時間近く会場を回遊してました。

特に、考現学創始「風俗総合調査」
しらべもの「考現学」展覧会

銀座で行き交う女性の帯の色(当時は着物が普段着)を調べたり、
着物の模様や男性の帽子の形など、様々なポイントを調査。

食堂の「お茶碗のワレ方」を調べているのはびっくりですよ。

マーケティングをやってる私にとって、
日常生活の考察など調査プロセスなどもとっても興味深く
しかも『えっ?そこに注目
と、普通は思ってしまうところに『そうそう』と共感

パンフレットに・・・
そこには、様々な暮らしの営みを”ひろい心でよくみる”ことを通して、
これからの暮らしのかたちを、今を生きる人々とともに創造しようと
模索し続けた今和次郎の生き方がありました。

と。。。
考現学、とっても興味をもち「考現学入門」早速購入しました

« 野菜高騰中のランチ | トップページ | 1年遅れで開催決定! »

文化・芸術」カテゴリの記事