無料ブログはココログ

« 台湾のベジタリアン料理 | トップページ | シェフ直伝!トマトサラダ »

2012年7月22日 (日)

食べるコトを楽しむ、ぷるっぷるの和菓子

夏になると食べる回数が増える”わらび餅”。
わらび粉を練り練りして、きなこや黒蜜をかけていただく、夏の和スイーツですよね。
しかし、わらび餅よりも好きなのが、蓮の根のでんぷんで練り練りした”れんこん菓子”。特に、和久傳さんのれんこん菓子”西湖”は、ぷるとろ~んとした感じで、和三盆の柔らかい甘さで大好きなお菓子なんです。
笹の葉に包まれていて、お土産にも喜ばれる一品
目上の方へのギフトにしても、外さないお菓子です

久しぶりにたねやさんにお伺いしたら、”蓮子餅”というものを見つけてしまいました
透明のパッケージに、ピンポン玉大の蓮子餅が6個入っていて、パッケージの封は、和菓子切りで留めてあって、無駄のないラッピングです。
また、蓮子餅は、水風船の中に充填されているので、添付のピンで刺して、”ぷるるんっ”と出てきたところを、きなこを振りかけていただきます。
ふわっと甘味のある蓮子餅に、少しだけ塩味を感じる香ばしいきなこが絶妙に美味しくて、”西湖”に代わる、お土産になりそうです
若い方へのギフトにもいいですね~

ポイントは4つ
◎見た目もおしゃれで、和菓子とは思えないパッケージ
◎自分で水風船を刺して、食べる瞬間を楽しむ”コト”が仕掛けられている
◎和菓子切り、ピン、きなこが添付されていて、お皿以外の必要な物は入っている
◎上質なものが6個入りで、683円

Photo_25

« 台湾のベジタリアン料理 | トップページ | シェフ直伝!トマトサラダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事