無料ブログはココログ

« おじいちゃんたちの手詰めから機械化され、コンパクトサイズに | トップページ | 貝の出汁をたっぷり受け止めた、手打ちのコンキリエ »

2012年10月 7日 (日)

ミス・ユニバース・ジャパン講師の健康セミナー

銀座三越で開催中(10/8まで)の「銀座でオンナを磨く6days」。女子力をアップさせるためのイベントが満載です〜note
その中で、細川モモさんの「タニタ式 からだにやさしい食事の摂り方」に参加してきました。 細川さんといえば、予防医療コンサルタントで、ミス・ユニバース地区大会ビューティーキャンプの講師としても有名で、メディア露出も多い方ですよね。
著書は「タニタとつくる美人の習慣」
 
今回のセミナーのポイントは「3つの”抗”」
1.抗酸化:カラフルな食事。1食につき5色の色があるように
2.抗糖化:低GIな食事。主食のご飯は雑穀類を混ぜ込んだり、”白”を”茶色”にする
3.抗炎症:良質な油を使った食事。油は開封した時から酸化が進むため、オリーブオイルなど酸化に強い油を摂取したり、オリーブオイルの瓶にアルミホイルを巻いて冷蔵庫で保存するなど気を使う。
ミス・ユニバースクラスになると、もっとすごいことを実践しているそうですが、一般人が実践できるのは上記の3つくらいですかね。

あと、妙に納得したのが受講者からの「ダイエットや美容法など情報がたくさんあって何をポイントにしたらいいか?」との質問に、「著者が男性のものは、あくまでも参考程度に。女性と男性の体は根本的に違うし、女性の体で実験したものではないダイエット法も多いです。。。」と。
確かにそうですよね〜。

セミナーの〆はタニタ食堂の「ふわふわつくね弁当」
・ふわふわつくね
・レンコンのウスターソース煮
・ごぼうとこんにゃくの炒り煮
・ごはん(金芽米)
見た目の量は少ないな〜と思いましたが、大きめにカットされた根菜は、しっかり噛むので30分では食べきれない量でした。これで、516キロカロリー、塩分2.6グラム。
お腹いっぱいになりました、ごちそうさまでしたwink


Photo_4

« おじいちゃんたちの手詰めから機械化され、コンパクトサイズに | トップページ | 貝の出汁をたっぷり受け止めた、手打ちのコンキリエ »

ライフスタイル」カテゴリの記事