無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ

2014年8月

2014年8月31日 (日)

靴選びは足の骨格を知るところから始まるってことか

週末、人形町にあるパンプスクリニックサロン アンド・ステデイさんの体験会に参加してきました~♪
(主催はフットケアサロンハートフルさん)

参加者は6名で、みなさん「合う靴が欲しい!」と切実に感じていらっしゃる方たち。
百貨店や一般的な靴屋さんでは取り扱いが無い、細幅さん。

靴の悩みなど話が合いますhappy01
フットプリント、採寸し、順番に試着するのですが、それぞれ足の特徴が違うので、とても勉強になります。
同じような細幅でも特長が異なることで、自分の足の特長が客観的に分析、理解できました。
長さのサイズだけではなく、足幅、カカトの大きさ、何よりも骨格の問題も大きいということ。

Img_6363_300x218

&スティディさんでは、AAやAサイズは用意されているので、試着してみたのですが「あれあれ?幅やカカトはあってるけど、しっくりこない」


<&ステデイの小野崎さんによると>
・偏平足でアーチが無いことで、足から肉がこぼれている
・パトリック「シュリー」に中敷きを施し、履いてみる
<気づき>
・偏平足問題
偏平足は物心ついた時からのお付き合い。先天的な骨格の問題が大きいかも。
外反母趾もひどくなってるみたいだし、整形外科で診断してもらおう
・とりあえず、クロスプレイに行って店長にパトリックを選んでもらおう
・足指運動は続けてみよう


実は、先日ショショットさんの新しい木型36.5AAのパンプスが納品されたのですが、幅とカカトはOKなのに、アーチ部分の肉がこぼれたんですよね。


以前の木型AAで試着した際はしっくりきたんだけど、悩ましいい。

まずは、自分の足の正しい診断から始めよう。
*写真は、私の偏平足(左)と他の参加者のフットプリント

« 2014年5月 | トップページ